介護老人福祉施設 特別養護老人ホーム 足立翔裕園
資料請求
足立翔裕園トップページへ
施設概要
事業内容・サービス内容
入所利用事業
ショートステイ事業
デイサービス事業
居宅介護支援事業所
在宅介護支援センター
施設からのお知らせ
ウェブ梅日記
Webで施設見学
 
居宅介護支援事業

身近なところで専門家による介護の相談・指導が受けられ、必要なサービスが受けられるように調整します。

要介護認定を受けた方は、居宅介護支援事業者(ケアプラン作成事業者)を選んで、どのようなサービスが必要かを相談し、一緒に介護サービス計画を作ることができます。利用者は在宅でサービスを受ける場合、要介護度に応じて使える金額の範囲内で、介護支援専門員の助言を受けて心身の状態、家庭の状況に適したサービスを選ぶことが出来ます。なお、介護サービスの計画作成には、利用者負担はありません。

居宅介護支援事業とは次のような仕事をします
1. 介護認定の申請手続きや更新手続きの申請を代行します。
介護保険のサービスを受けるには、要介護認定の申請が必要です。
ご本人やご家族の代わりに申請の手続きをします。
2. 介護サービス計画(ケアプラン)の作成およびサービスの提供の支援をします。
ご自分でプランを立てることもできますが、ケアマネージャーはご利用者やご家族のご希望にそって、よりよいサービスの提案や調整をし、ケアプランを作成します。
3. ご利用者が介護保険施設への入所又は入所を希望された場合は、介護保険施設の紹介その他の支援をします。
4. 介護サービス計に関するご利用者からの苦情や疑問を受付、対応します。
ご相談方法は、電話相談、来所相談、訪問相談のいづれにても行います。
相談内容に関する秘密は必ず守りますので、安心してご相談ください。
ケアマネージャーは常に身分証携帯し、ご利用者やご家族から掲示を求められた時は、いつでも身分証を提示します。
5. ケアプランの作成費用は全額介護保険で支払われます。

ケアマネージャー ケアマネージャー
施設概要入所利用事業ショートステイデイサービス居宅介護支援事業所
地域包括支援センター施設からのお知らせWeb梅日記
資料請求足立翔裕園top長寿村top
長寿村トップページへ 長寿村ガイド 資料請求