社会福祉法人長寿村

文字の大きさ

お電話でのお問い合わせ

03-3855-6363

ごあいさつMessage

ごあいさつ

私ども社会福祉法人長寿村は、超高齢者社会の進展に伴い、地域の高齢者福祉の向上に貢献すべく1996(平成8)年2月に設立いたしました。

我が国の急速な少子高齢化と家族形態の変化は、老後設計の基本であった社会保障制度と家族の介護力に頼ることを許されない状況になりつつあります。

寝たきり、認知症、虚弱の高齢者の増加とその介護者の負担を考えると、医療、福祉、保健サービスの総合的かつ効率的なサポート体制の構築を急がねばなりません。

理事長神成裕介 私ども長寿村では、これらの社会的役割と責任を十分認識し、地域における高齢者福祉サービスの向上に積極的に取り組んでおります。

私どもは基本理念として「家族主義」を掲げております。家族とは自分たちの手で作るあるいは育んでいくものです。つまり、自身で選択した幸せの形とも言えるでしょう。 私たちは「家族主義」の理念のもと、ご利用者様一人ひとりのニーズと意思を尊重し、自発的な幸せづくりのお手伝いをしていきたいという想いで事業に取り組んでおります。 ご利用される方々の笑顔を励みに努力することが、理想的な長寿社会の一翼を担うものと信じ邁進いたします。 それぞれの施設が地域に開かれたケア・コミュニティセンターとして、共に支え合い、 人間らしく生きていける地域社会の実現を信じて長寿社会に貢献して参ります。

家族主義Familyism

私たちの家族主義の理念は、昔の日本の「村」社会の人と人とのつながり、絆を手本にしています。 昔の日本の村では、皆が互いに支え合って、協力し合って、年長者を大切に敬いながら、何があっても家族のように助け合って生活をする共助の精神がありました。 この家族のように相手を想う心が長寿村の基本理念『家族主義』です。

共に生きるI Live Together

感動介護Touching-Heart Care

感動は感動を生み、人を動かす大きな力となります。
「感動介護」とは、まさに、この人の心を動かす介護です。長寿村では、常に相手に共感する力や苦しみを共有する心を養いながら、日々、「感動介護」の実践を心掛けています。「小さな感動の積み重ねが、やがて大きな感動となり、人や地域、ひいては国の心を動かす大きな力になる!」私たちはそう信じています。

長寿村の憲章Choujyu-Mura Charter

お問い合わせはこちら

Copyright © CHOJUMURA .All rights reserved.

top