グループホーム

グループホームとは

住み慣れた地域で、スタッフが家族のようにご入居者をサポートします。
家庭的で明るく楽しい暮らしをお約束します。

グループホーム(認知症対応型共同生活介護)は、認知症高齢者の方が、小規模な生活の場(ユニット)で少人数(5人~9人)を単位とした共同住居の形態で、入浴・排泄・食事等の日常生活全般のサポートを受けながら家庭的な環境の中でスタッフとともに生活し、認知症の進行を穏やかにする事を目的としてます。

施設の特色

  1. スケジュールが無く、ご利用者が自分のリズムで生活できます。
  2. 家庭的な雰囲気です。
  3. ご利用者が自分らしい生活を送ることができます。
  4. 専門知識と技術を持つスタッフがご利用者の支援を行います。
  5. 地域とつながりのある生活の場です。
  1. 少人数制でお一人お一人きめ細やかに支援。
    個室でプライベートも尊重します。
  2. 『自立支援』の立場から、食事の支度や掃除など、出来る事を活かし、生活に張りや喜びを感じながら笑顔で過ごして頂きます。
  3. 日々の買物や、地域行事への参加をすることにより、地域社会との交流を図り、穏やかに楽しみながら過ごして頂ける様、ご支援致します。

ご利用いただける方

  • 施設の所在する市内に住所を有する方
  • 介護保険認定で「要支援2」または「要介護1以上」の認定を受けた方
  • 「認知症」と診断された方
  • 常時医療行為を必要とされない方
^